ドットコムマスター対策塾produced by0からはじめるIT資格

クロック周波数とは

2004年11月18日

クロック周波数とは

■ドットコムマスター★宿題13
CPUのクロック周波数をあらわす単位はヘルツ(Hz)である。

■宿題13解説
クロック周波数とは、CPUやメモリがデータをやり取りしたり、計算したりするテンポのことです。コンピュータ内部の水晶の発振によってクロックが作り出されますますが、1秒間あたりのクロック数のことをクロック周波数といい、Hz(ヘルツ)という単位で表します。

たとえば、インテル社の「Pentium4 3.20GHz」というCPUであれば、3.20GHzがクロック周波数になります。G(ギガ)は10の9乗(10億)のことです。つまり、1秒間に32億回のクロックを作り出していることになります。


■宿題13解答
「○」


■ドットコムマスター★宿題14
CPU1とCPU2の2つのCPUがあるとき、処理能力はCPU1の方が高いといえる。

 CPU1:Intel Pentium 4 3.40GHz
 CPU2:Intel Pentium 4 3.20GHz

■この記事は面白かった、役立った[はい | いいえ]
(「はい」は、人気blogランキングに投票、「いいえ」はホームに戻ります。)

2004年11月18日 00:40

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://0kara.org/mt/mt-tb.cgi/36

コメント